松露H30BY「新(あらた)」芋焼酎25度

[松露]

松露H30BY「新(あらた)」芋焼酎25度
 松露酒造 宮崎県

●スチレート直燗がお勧め
黄金千貫・米麹、常圧蒸留、Alc.25%、蒸留したての新焼酎(ガス臭あり)
★限定品(蔵出し総本数2000本)★

 潤んだように白濁している。油が少し浮いている。ガス臭が少しあるが、それ以上に油の香りが混ざる芳ばしさが目立つ。凝縮した芋の甘さ、米麹の芳ばしさ、鋭角的アルコール感、油の旨みがある。
(ロック) 芋の甘みが薄くなり、若干苦味が浮く。ふくらみに乏しい。
(割水) ガス臭が上がる。芋の甘み、旨みと若干の苦味がバランスをとりふくらむ。
(割水燗) 50度、芳ばしさ、芋の旨み、苦味がバランスをとる。辛さを感じる。
(直燗) 45度、油の旨み、芋の旨み、甘さ、苦味、渋み、アルコール感、どれも高くなり、且つ、まとまりがある。

  1800ml 2484

日置桜H28BYくろぼく雄町純米酒

[日置桜]

日置桜H28BYくろぼく雄町純米酒(試験醸造
 山根酒造場 鳥取県

●柑橘系の酸味が楽しめる
雄町(一等米・杉山裕一郎氏栽培)80%、7号酵母Alc.15%、日本酒度+17.0、酸度2.6、アミノ酸度2.4

 八朔、レモンの中果皮、和三盆が混ざる様な香り。ほんのり苦味も伴う柑橘系の酸の旨みが口いっぱいに広がる。その後、控えめに米の甘みと柔らかい米の旨みが顔を出す。甘みの少ない柑橘果汁の中に米の味が少し混ざるという印象。
(お燗) 40度、少し苦みが先行した後は、柑橘果汁風味のある米の味や弱い甘みが現れる。50度、柑橘系の味と苦味、酸味、甘みどれも同じレベルで濃くなる。60度、苦味は無く、柑橘系の酸の旨みと甘さがバランスをとる。余韻は渋い。

 1800ml 2700

日置桜H28BYくろぼく強力純米酒

[日置桜]

日置桜H28BYくろぼく強力純米酒
 山根酒造場 鳥取県

●冷やの方がグイグイいける
強力(杉山信一郎氏栽培)75%、6号酵母Alc.15.6%、日本酒度+14.0、酸度2.8、アミノ酸度2.3
★総本数1800本★

 黄金色。濃い目に香る和三盆様の熟成香は酸も予感させる。熟成の甘みは濃厚、かつ、酸味を包み込んで甘酸っぱい。包容感があるので、酸味は刺激としては感じない。舌の奥の方で、余計に旨みが感じ取れる。微かな苦みは旨みと調和し、味の深さを助長する。
(お燗) 40度、熟成の味と甘みがふくらむ周りを、渋みが取り囲む。少し、酸が浮いて感じられる。50度、熟成の甘さの中で、酸が目立ち気味。40度燗よりはまとまりがある。60度、冷や程ではないが、熟成の味わいや甘みと酸味との調和が感じられる。温度が下がると崩れる。

 1800ml 2700

日置桜H28BY純米酒玉栄70%7号酵母定常米

[日置桜]

日置桜H28BY純米酒玉栄70%7号酵母定常米
 山根酒造場 鳥取県

●60度燗と燗冷ましがお勧め
玉栄(定常昭利氏栽培)70%、7号酵母Alc.15.6%、日本酒度+10.0、酸度1.9、アミノ酸度1.7

 淡い山吹色。赤梨、浅い熟成香に柑橘系の香りがわずかに混ざる。優しさのある米の味わいとほのかな甘みは、軽い熟成の味と絡む鋭さのある酸の旨みをふわりと受け止める。余韻に米の甘みと柑橘類の様な弱い苦味が感じられる。
(お燗) 40度、米の甘みと熟成味が濃くなり、その周りを渋みが取り囲む。辛さを感じる。50度、淡い熟成の味とその甘みに、酸がエッジを効かせる。ラストから余韻にかけて渋みが現われる。60度、ほんのり熟成の味がある。濃くなった甘みに酸の旨みが絡む。渋みは大人しい。

 1800ml 2539

杜の蔵H30BY独楽蔵直汲み搾りたて生原酒

[杜の蔵]

杜の蔵H30BY独楽蔵直汲み搾りたて生原酒
 杜の蔵 福岡県

●正統派の切れのある生酒
夢一献(福岡県産)60%、9号系酵母Alc.17★入荷は一回限り★

※醗酵の際の炭酸ガスがわずかに残っていますので、開栓時、品温が高いと王冠が飛ぶことがありますので、お気を付けください。%

 微細な泡が見られる。米麹とマンゴーの様なクリアな香り。粘性のある濃厚な洋梨やライム風味のある味に、チリチリと炭酸ガスが刺激を与える。空気と混ざると途端に米麹様の旨みがふくらむ。満遍なく広がる米の甘みを酸がキリリと切っていく。軽快。
(お燗) 40度、抜ける炭酸ガスがピリピリと刺激を与える中、ライム風味のある米の甘みがふくらむ。50度、抜けた炭酸ガスが弱い苦味を残すが、米麹の旨みや米の甘みはふくらむ。60度、炭酸ガスは殆ど抜ける。少しライム風味の米の軽い甘みを、渋みが引き締める。喉に落ちる瞬間、米の味わいが広がる。

  1800ml 2916

辨天娘H28BY純米酒玉栄75%7番娘

[辨天娘]

辨天娘H28BY純米酒玉栄75%7番娘
 太田酒造場 鳥取県

●モチモチした旨味を酸味が引き立てる
玉栄(山本敬二氏栽培)75%、6号酵母Alc.15~16%、日本酒度+9.0

 醤油飴と昆布飴を連想する香り。淡いとち餅や昆布飴の様な味には弾力がある。そこに少しだけ酸っぱさのある柑橘系の酸味が、メリハリを与える。米の甘みも感じつつ、はっきり辛さもあある。ラストに渋みが出るが、味切れを助けてくれる。
(お燗) 40度、酸味のとけ込んだ弾力ある米の旨みが心地よい。酸の旨みも感じる。50度、辛さと渋みが強くなるが、米の旨みや酸の旨みはしっかりと感じ取れる。60度、酸の角が取れ、辛さは大人しくなる。少し渋いが米の旨み、甘み、酸味が楽しめる。

 1800ml 2829円 720ml 1415

鯉川H29BY特別純米酒

[鯉川]

鯉川H29BY特別純米酒
 鯉川酒造 山形県

●今も旨いがこの先もっと旨いだろう
山形県産米55%、山形9号系酵母Alc.15.3%、日本酒度+12.0、酸度1.4、アミノ酸度1.1

 カリンの香りに、米麹の香りが厚みを持たせている。淡くメロンや生クリームを感じる透明感のある軽やかな甘さを持つ米の味に、線が細く鋭い酸が真直ぐに刺さり、辛さを加える。空気と混ざると渋みが出る。余韻に酸の旨みが残る。
(お燗) 40度、渋みが表面に浮かび上がる。米の淡い甘みや、味わいより酸の強さが目立つ。50度、渋みは大人しくなる。米の旨みが酸味を包み込むようにしてふくらむ。60度、濃くなる米の甘みに、酸味と辛さがバランスよく混ざる。渋みは切れを助ける。

 1800ml 2484